葉酸

栄養管理
栄養管理.comビタミン水溶性ビタミンビタミンB群>葉酸

葉酸とは

葉酸(化学名プテロイルグルタミン酸)といい、ほうれん草の抽出物から発見されたビタミンBの仲間で、水溶性のビタミンに分類されます。ビタミンB12と同様に造血を助ける効果があります。

スポンサーリンク

葉酸の働き・効果

葉酸は、赤血球を作り出す際に「ビタミンB12」と一緒に働くビタミンB群の栄養素です。また、核酸やたんぱく質の合成にも関与し、細胞が新しく作られる際に必須とされるビタミンです。

葉酸の効果として、核酸やたんぱく質の合成を行い、体の発育を助ける事から、妊娠中などには特に重要な栄養素だとされています。核酸とは、DNAやRNAといった「遺伝子情報」のことを指しており、この生成において必要な葉酸が不足すると、胎児や赤ちゃんの発育に大きな栄養障害を与える事がわかっています

ちなみに、この葉酸は赤ちゃんがまだまだ小さいうちから必要とされます。妊娠が発覚してから摂取を始めても遅いと言われており、厚生労働省は「妊娠を望んでいる女性」には摂取を勧めています
ちなみに、食事だけでは摂取しにくいため、栄養補助食品等での摂取まで勧めています。

 

葉酸不足の症状

葉酸が欠乏すると、体に酸素を送り込む働きをしている赤血球が正常に生成できず貧血の原因となります。また、葉酸欠乏症としては、舌や口の粘膜部分への障害、胃潰瘍や腸管潰瘍などの障害が発生するとされています。このほか、葉酸は抗体の生成にも影響を与える事から、葉酸欠乏により免疫力の低下が起こり、風邪などの病気にかかりやすくなる恐れがあります。

最も深刻な葉酸の欠乏症としては、妊娠期や授乳期に葉酸が不足すると、胎児や赤ちゃんに対して遺伝子形成に必要な栄養素がいきわたらないことから、発育不全を引き起こすリスクが大きく高まる事が明らかになっています。
>>ビタミン欠乏症

そのため、妊婦にとって葉酸は必須の栄養素と言われています。妊娠してからではなく、妊娠を望むすべての女性が摂取するべきだと言われています。

 

葉酸過剰の症状

葉酸を過剰摂取することによる心配はありません。ただし、サプリメントを利用して葉酸を摂取する場合は、400μg程度にしておきましょう。また、必要だからといって葉酸だけを過剰に摂取するのは避けましょう。

 

葉酸を多く含む食品

葉酸が多く含まれているのは、春菊、菜の花や枝豆、からし菜などの野菜類やアボガドやいちごなどの果実類が挙げられますが、最も多く葉酸が含まれている食品は、鶏、牛、豚のレバーです。

また、 ハーブの一種の「ネトル」には不足がちな鉄分や葉酸などが豊富に含まれています。味わいも緑茶のようなさっぱりとした味わいです。
おすすめ:ネトル (Design with Tea Salon)

 

葉酸の向き、不向き

ここでは、葉酸の摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

葉酸の摂取が向いているタイプ

  1. 貧血気味の方
  2. 妊娠中の方
  3. 妊娠を望む方
  4. 野菜をあまり食べない方
  5. 飲酒量の多い方
  6. 動脈硬化が気になる方
  7. 成長期の方

葉酸の摂取が向いていないタイプ

  1. 葉酸摂取が向いていない方はいません。

 

 

スポンサーリンク
ビタミン

他の栄養素の働きを助ける効果が強いビタミンの種類や効果を解説。

-水溶性ビタミン-
ビタミンB群
  |-ビタミンB1
  |-ビタミンB2
  |-ナイアシン
  |-パントテン酸
  |-ビタミンB6
  |-ビオチン
  |-葉酸 (パラアミノ安息香酸)
  |-ビタミンB12
ビタミンC

-脂溶性ビタミン-
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK

-ビタミン様物質-
ビタミンP
  |-ルチン
ビタミンQ(コエンザイムQ10)
ビタミンU(キャべジン)
イノシトール
コリン
リポ酸

-ビタミン関連情報-
ビタミン欠乏症

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2018 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。